2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 【終了】倉庫提供のお願い | トップページ | 小学男子の笑いパワー »

2011年4月 5日 (火)

ボランティアボランティア

「こども避難所クラブ」では、多くのボランティアの方に手伝ってもらっています。

00

今では、先生の卵である宮城教育大の学生さんも来てくれています。
毎日各避難所で行っている「にじいろクレヨン」は真の教育実習の時間であり、
本番にほかならないと感じています。

本当に本当に過酷な状況にいるこどもたちと、真剣に向き合わねばなりません。
教材も、練りに練った授業計画もありません。
ただ一人の人間として、向き合うしかないのです。

こどもたちは、とてもとても辛抱強く今を生きています。

01_3
小さな子にとっては、少し上のお姉ちゃんが先生役になることも。


「にじいろクレヨン」での司会をMCと呼んでいますが、
MCは声をかけたり盛り上げたりして、こどもたちと一緒にすごしていきます。

このMCには、能力もセンスも必要じゃありません。
最初はうまくできないと思っていても、
場数を踏んでいけば誰でもできるようになります。

MCは滞りなく完璧にする必要はありません。
焦ったりとちったりしても、それが正解です。
笑いながら恥をかきながら、一緒に過ごせばいいのです。

02
そもそも、こどもたちはMCが間違ったって
恥だなんてだれも思っていません。


自分も最初はわけもわからず、なりふりかまわずやっていました。
でも、何回かやってると慣れてきます。
そして、こどもたちが慕ってきてくれます。

ボランティアのみんなには、徐々にひとりで
こなせるようになってもらいたいです。

MCを初めてのやる人がいるときは、まず自分がやってみせます。
二日目はその人に挑戦してもらい、自分は補助に徹して見守ります。
三日目は、最初から最後までその人にやってもらいます。

この、最初から最後までやりとおすという経験が、
実はすごい大事なことだと感じています。

いっぱいいっぱいになっても、
なんとかやり通したことがやがては大きな自信となります。

すこしぎこちないMCであっても、真剣に取り組もうとする気持ちに、
こどもたちはきちんと応えてくれるものです。

« 【終了】倉庫提供のお願い | トップページ | 小学男子の笑いパワー »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

子供たちとても力強い 自信をもって前進
ほんとに頑張ってるね みんなの折れない心、尊敬してます

どんな事にもいえること。

つたなくても、すぐ上手く出来なくても一生懸命やれば絶対伝わるんだね。
また改めて、大切な事を教えて貰いました。

信頼…信じて頼る事。小さな体と心であれからずっと突っ走ってる子供たち。ふと寄り掛かかれる場所を、みんなで作ってあげなきゃなんだね。

それをすぐやり始めたということ、とてもスゴイと思います。

けどしげもちゃんと寄り掛かかるとこ見つけてね!君が倒れたら大変だからね。
今日もガンバレー!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1485371/39510477

この記事へのトラックバック一覧です: ボランティアボランティア:

« 【終了】倉庫提供のお願い | トップページ | 小学男子の笑いパワー »