2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 野外紙芝居! | トップページ | 特別なにじいろクレヨンがスタート! »

2011年4月 8日 (金)

余震に負けずに

昨夜、M7.4という巨大な余震がありました。
あの日以来、こちらではなんども余震に襲われていますが、
昨日のは本当にすごかったです。

04_3

ちょうど寝ている時だったんですが、すぐに飛び起きました。
体感的には震度7くらい。そのくらいすごかった。
でも、すでに避難状態であったことや津波が来なかったことは、
まだよかったことだと思います。

停電は昼過ぎに復旧しましたが、水道は断水したままです。
いつ直るか、わかりません。

07

しかし、そんなことに大人が塞いでいたら、何もはじまりません。
私たちの訪問を楽しみに待ってくれている避難所のこどもたちのため、
今日もいつもどおりににじいろクレヨンをやってきました。

02
(02)
門脇中では、みんなで大縄跳び!

01

大縄を前に、興奮気味に見つめる子から、不安そうに眺める子まで。
でも、みんな上手にできました♪

他にも、空のペットボトルとサッカーボールを使ったボーリング大会で遊びました。

その次の石巻高では、私たちもビックリの出来事が!
こどもたちが、自ら小さなお店を出していたんです。

03_2

タンポポのお花や草場を丸く包んだものまで。
名付けて『自然のお店』だそうです。

「何を買う?」…どれも宝物のようで、迷ってしまいました。

午後は石巻専修大学に行きました。
最初にやったのは、風船バレー。

04_2

05

それから、テレパシーじゃんけん→クイズ→読み聞かせと遊びました。

昨夜の地震の影響で、道路に新たなヒビ割れが出来ていました。
帰り道、信号が止まっている交差点で交通整理している警察官がいましたが、
近くに止まっていたパトカーを見たら、山梨県警と書いてありました。
全国各地から、支援しにきてくれているんだなと感じました。

09_2

今日の夕日も綺麗でした。
明日の朝まで、しばしのお別れです。




« 野外紙芝居! | トップページ | 特別なにじいろクレヨンがスタート! »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

日本鯉のぼり協会です。
元気に泳ぐ鯉のぼりの姿を見て、
被災地のこどもたちに笑顔になってもらいたい・・・
そんな思いを込めて被災地に鯉のぼりを送ろうと、
直接子供たちにとどけてくださる方を探しています。

詳しくはhttp://koinobori-nippon.jp/
どうぞよろしくお願いいたします。

大きな余震があったみたいで心配してましたが、ブログが更新されてるとホッとします。今日のにじいろクレヨンもとってもステキ☆こういうときに体と感性をフルにを使って遊ぶのは、こども達にとってはかかせないですね♪大人にもいいんじゃない?

こどもたちが、こどものままでいられる空間を作ってくれて、ほんとにありがとう!!!

写真、よく撮れてるな〜。これ、早速フェイスブックでパイオニアベリーの5大学に伝えます☆

ブログが更新され、
また、にじいろクレヨンもいつも通りとのこと、
安心しました!

かわいいお店屋さんですね!
子どもの頃を思い出しました!

よもぎをビンに入れて、
水を入れて、小枝でつついて、
緑色の液体をワインとし、
(なぜ、緑なのにワインだったのか、
今とても疑問ですが(笑)当時は不思議とは思ってませんでした。)
残ったよもぎは、型に入れて、
ひっくり返し、
プリンって言ってました!
泥水は、もちろん⁉
コーヒーです。

誰が作った泥だんごが一番きれいで硬いかをきそってたっけ。

子供はみんな遊びの天才ですね!

一緒に遊びたいなあ〜

しげへ

君の無事とこの活動の存在を知ってから、毎日ブログ読んでます。
テレビでは報道されない現実を教えてくれてありがとう。心が痛くて、言葉が出ませんでした。

絶対生きていると信じてたけど、こんなに冷静に、逞しく、石巻の町を背負って行動しているとは。。
本当に頭が下がります。

一昨日の大きな地震、とても心配していました。
やっと生活にリズムができ、ほぐれかけていた子供達の心が、恐怖と不安で壊れてしまうんじゃないかと。
でも次の日もにじいろクレヨンはいつも通り活動したと知り、心から尊敬しました。待っている子供達を裏切らないこと。それがどれほど子供達に安心を与えたことだろう・・・

毎日、自分に出来る事は何かを考えてます。
今はこのブログを一人でも多くの人に読んでもらって、被災地の状況を知ってもらうよう努めています。

なのでお願い。苦しい時は苦しいと、助けが必要なら遠慮なく言ってくださいね。
直接は見えないけれど、しげを支える手はたくさんあると思うよ。

最後に、もうご存知かも知れませんが、被災地支援のNPOに対する助成金の申込の記事を読んだので、お知らせします。
日本財団のサイトから申込めるようです。
対象は
①緊急性がある
②被災者・被災地のニーズに基づく
③広く公開できる
団体であること。100万円を上限に、活動費を100%補助するとのことです。
期間は来年の3月31日まで。
問い合わせは災害支援コールセンタ0120-65-6519 だそうです。

くれぐれも無理しないよう。横浜から応援しています。

こめより

フェイスブックよりコメントいただきました。「余震、大きかったですね。でも、すぐ元気を取り戻す子どもはすごいです。私も、風船バレーボール、大好き!」「(こども達の)笑顔がいいですね」等。他にも多く「Like」をもらってます。みんな応援してるよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1485371/39545738

この記事へのトラックバック一覧です: 余震に負けずに:

« 野外紙芝居! | トップページ | 特別なにじいろクレヨンがスタート! »